話題の成分フコイダンとは

近年注目される成分のひとつに、フコイダンがあります。免疫力アップに効果があるとされ、学者の中にはその成分をがん予防に役立てるべく研究を重ねている者もいます。

アンチエイジングフコイダンはもともと、めかぶや昆布、もずくなどの海藻類に多く含まれる成分として知られていました。海藻類のぬるぬるとした部分、あの粘り気がフコイダンです。栄養学的には、食物繊維を多分に含む多糖類と分類されます。フコイダンが注目されるようになったのは、1913年スウェーデンの学者H・Z・キリンによって、その存在が発表されたことがきっかけでした

H・Z・キリンによると、フコイダンには抗炎症作用や細胞をウイルスから守る効果があるとされています。しかしその構造や、生物活性化の正確な関係性は未だ謎であるということでした。現在でも、メジャー部分の構造は科学的に解明されていますが、マイナー部分の構造については明らかにはされていません。そのため利用の際には、自然物からの抽出が主とされ、科学的に合成させるまでには至っていないのが現状です。

フコイダンは抗炎症作用やウイルス感染からの保護のほかに、細胞接着阻害作用もあるといわれており、これがアンチエイジングや免疫力のアップにつながると考えられます。